コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツツガムシ(恙虫)(読み)ツツガムシ

百科事典マイペディアの解説

ツツガムシ(恙虫)【ツツガムシ】

ケダニ類ツツガムシ科に属するダニの総称。幼虫(脚は3対)だけがノネズミなどの体表に寄生し,若虫や成虫(脚は4対)は土中で自活する。世界で2000種以上,日本で約80種以上発見されているが,ツツガムシ病を媒介するものはその一部に限られる。日本でツツガムシ病を媒介するのは,信濃川,阿賀野川,最上川,雄物川流域で夏に幼虫が発生するアカツツガムシ(アカムシ),四国の海岸地方の一部で夏に幼虫が発生するトサツツガムシ,山形県以南の各地に散在し,特に伊豆七島に多く,主として秋に幼虫が発生するタテツツガムシである。
→関連項目ケダニダニ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツツガムシ【ツツガムシ(恙虫) chigger】

前気門亜目ツツガムシ科Trombiculidaeに属するダニの総称。幼ダニの時期だけが脊椎動物に寄生し,ある種では激しく人を刺して皮膚炎を起こしたり,ツツガムシ病を媒介する。未吸着の幼ダニは体長が0.2mmほどで3対の脚を有する。親ダニと若ダニは体長が約1mmで胴が8字形にくびれ,4対の脚を有し,体表にビロード状の短毛を密生する。卵は0.1mmほどの球形で土中に産み落とされる。孵化(ふか)した幼ダニは1回だけ寄生してリンパ液を吸い,若ダニと親ダニは土中で昆虫などの卵を吸って自由生活する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のツツガムシ(恙虫)の言及

【ダニ(蜱∥蟎∥壁蝨)】より

…ヤドリダニ類では口器(鋏角)を用い,ミズダニでは第3脚を用い,雄が雌の生殖口に精包を入れるが,ササラダニでは雄が精包を置きっぱなしにし,雌があとでこれを拾う。卵からかえった幼虫は若虫を経て成虫になるのがふつうであるが,若虫の段階がないもの(ホコリダニ),若虫が1期しかないもの(ツツガムシ,マダニ),第1若虫と第2若虫があるもの(ハダニ,イエダニ),第1・第2・第3若虫があるもの(ササラダニ,コナダニ)がある。幼虫時代は歩脚が3対しかなく,若虫になって初めて成虫と同じように4対の脚をもつようになる。…

【恙虫病】より

…ツツガムシ(恙虫)の幼虫が媒介するリケッチアによって起こる急性発疹性の感染症。俗に〈恙無し〉はツツガムシに感染していないことから転じて,〈無病〉の状態をいうようになったとされている。…

※「ツツガムシ(恙虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android