コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツツドリ(筒鳥) ツツドリHimalayan cuckoo

世界大百科事典 第2版の解説

ツツドリ【ツツドリ(筒鳥) Himalayan cuckoo】

ホトトギス目ホトトギス科の鳥(イラスト)。全長約33cm。体上面と胸は暗灰色,腹は白地に黒の横縞がある。尾羽には白斑が横縞状に点在する。雌には全体に赤褐色の赤色型もある。カッコウによく似ているが,腹の黒い縞がより太い。アジア大陸の東部とヒマラヤで繁殖し,冬季は南アジアからオーストラリア北部に渡る。日本には夏鳥として4~5月に渡来し,全国各地の低山帯から亜高山帯落葉広葉樹林,アカマツ林,針葉樹林に生息する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のツツドリ(筒鳥)の言及

【センダイムシクイ(仙台虫喰)】より

…抱卵は雌が行い,育雛(いくすう)は雌雄ともに行う。ツツドリがしばしばこの種に托卵する。渡りの時期には市街地の植込みなどでも見かける。…

※「ツツドリ(筒鳥)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android