コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノトカゲ(角蜥蜴) ツノトカゲhorned lizard

世界大百科事典 第2版の解説

ツノトカゲ【ツノトカゲ(角蜥蜴) horned lizard】

頭部に角状突起のあるイグアナ科ツノトカゲPhrynosomaに属するトカゲの総称。アメリカ合衆国のロッキー山脈以西の,ワシントン州以南からメキシコ,グアテマラに15種ほどが分布し,そのうち7種がアメリカ合衆国に分布している。全長6~10cmほどの小型で,大きな種類の最大値でも15~18cmほど。頭部後縁には10本の骨質の角状突起があり,後頭部の4本がとくに大きいが,そのうちテキサスツノトカゲP.cornutumイラスト)のように中央の2本がとくに大きいもの,4本がほぼ同大のもの,あるいは突起全体がきわめて小さい種類もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のツノトカゲ(角蜥蜴)の言及

【イグアナ】より

…昼行性で,餌はおもに新芽,果実などの植物質で昆虫類なども含まれる。大半は卵生で,ハリトカゲ類SceloporusツノトカゲPhrynosomaの一部が卵胎生。全長10~30cmほどの小型が多いが,1.2~2mに達する大型も見られる。…

※「ツノトカゲ(角蜥蜴)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone