コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノトンボ(長角蜻蛉) ツノトンボ owl fly

1件 の用語解説(ツノトンボ(長角蜻蛉)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツノトンボ【ツノトンボ(長角蜻蛉) owl fly】

脈翅目ツノトンボ科Ascalaphidaeに属する昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。この仲間は一般に大型で翅の開張3.5~11cm。名のとおり一見トンボのようであるが,長い触角があり,分類学上互いにまったく異なるグループに属する。熱帯から温帯に広く分布し約300種が知られ,日本には4種が産し5月から9月にかけて草地や林縁部に発生する。キバネツノトンボAscalaphus ramburiのように,しばしば昼間活動し,かなりすばやく飛ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツノトンボ(長角蜻蛉)の関連キーワード脈翅類青糸蜻蛉赤蜻蛉黄蜻蛉早苗蜻蛉塩辛蜻蛉角蜻蛉蛇蜻蛉糸蜻蛉赤トンボ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone