コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノマタ(角又) ツノマタChondrus ocellatus Holmes

世界大百科事典 第2版の解説

ツノマタ【ツノマタ(角又) Chondrus ocellatus Holmes】

糊料の原藻となる海産の紅藻で,体は扁圧,叉(さ)状に分岐し,全形は扇状となる。日本および朝鮮半島沿岸各地の潮間帯下部の岩上に生育する。高さは10cm内外のものが多いが,ときに30cm以上になるものもある。体の表面の砂粒状の黒点は四分胞子囊の集まったものであり,馬蹄形の黒点は果胞子を含む囊果である。前者をもつ体は胞子体,後者をもつ体は配偶体ということになる。近似の種に,ツノマタと同様に本州太平洋沿岸の潮間帯中部に分布するイボツノマタC.verrucosa Mikami(イラスト),潮間帯下部に分布するオオバツノマタC.giganteus Yendo,コトジツノマタC.elatus Holmesがあり,日本海沿岸にはトチャカC.crispus Stackh.がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android