コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノムカデ

1件 の用語解説(ツノムカデの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ツノムカデ

からだは扁平で狭い線状。規則正しい二叉分枝をして先端は尖る。和名のツノムカデは枝の先が角のように二叉に分かれ ていることによる。短い枝を両縁から羽状に出すことがある。付着器から叢生する。皮層は小さな円形から球形の細胞が密に並び,内皮層に大形の細胞が並ぶ。 髄層は糸状細胞からなる。手触りは硬く軟骨質。生体は濃紅色〜オレンジがかった紅色となる。枝の先端は明るい色になることが多い。ハリガネに似るが切片を見るとハリガネの内部は小さな細胞がつまっているようにみえるのに対し,ツノムカデの内部は糸状細胞である。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツノムカデの関連キーワード規則正しい規則的健康的砂紋次郎柿世間は広いようで狭い不規則方眼世の中は広いようで狭い

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone