コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツバメオモト(燕万年青) ツバメオモトClintonia udensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツバメオモト(燕万年青)
ツバメオモト
Clintonia udensis

ユリ科の多年草。日本,千島サハリン朝鮮半島,中国東北地方,東シベリアなどアジアの温帯北部に広く分布する。日本では中部以北の亜高山帯の針葉樹林中に生える。地下茎は短く,長さ 15~30cmの長楕円形の葉を数枚根生する。6月頃,20~30cmの緑色の花茎を伸ばし,白色の小花を数個総状につける。6個の花被片は同形で平開する。花後,径 1cmほどの球形の液果を結び,熟すると藍色または黒みがかった藍色になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツバメオモト(燕万年青)の関連キーワードユリ科