コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツバメガ Uraniidae; uranian moth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツバメガ
Uraniidae; uranian moth

鱗翅目ツバメガ科の昆虫の総称。シャクガやフタオガ科 Epiplemidaeに近縁のガで中~大型。体は細長く,翅は広い。尾状突起をもつものも少くない。チョウとまちがえられるような美麗種が知られ,昼飛性のものも多い。熱帯地方に多くの種を産する。日本産はギンツバメ Acropteris iphiataとヤクシマギンツバメ Pesudomicronia coelataの2種のみである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツバメガ
つばめが / 燕蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目ツバメガ科Uraniidaeの総称。中形から大形のガであるが、日本に土着しているウスバツバメガなど3種は開張25~40ミリメートル。体は非常に細く、はねは幅が広い。体、はねともに白色で、灰色の横線や波状線をもっている。幼虫は4対の腹脚をもち、白蝋(はくろう)物に覆われている。おもに熱帯地方に分布し、マダガスカル島、ニューギニア島、中央・南アメリカには、はねが金属光沢に輝く大形の美麗種を産する。このようにはでな種は、すべて昼飛性である。
 オオツバメガLyssa zampaは、はねの開張100ミリメートルを超える大形種で、はねは暗灰色、はねの中央を細い白帯が走り、後翅には長い尾状突起がある。東南アジアの熱帯から亜熱帯に分布し、夜行性でよく灯火に飛来する。飛び方が非常に活発で、空中高く舞い上がる習性のためか、フィリピン方面で発生した台風によって、台湾や琉球(りゅうきゅう)諸島に運ばれ、過去に数回、宮古(みやこ)島と石垣島で発見されている。同属の種はインドからニューギニア島にかけて数種類分布している。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツバメガの関連キーワードニューギニア島黒帯二尾蛾黒星二尾蛾富士黄帯蛾銀条燕蛾黒二尾蛾白二尾蛾金紋蛾銀燕蛾燕蛾

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android