コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツボワムシ(壺輪虫) ツボワムシ Brachionus calyciflorus

1件 の用語解説(ツボワムシ(壺輪虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツボワムシ【ツボワムシ(壺輪虫) Brachionus calyciflorus】

真輪虫綱ツボワムシ科の輪形動物。温帯域の池沼に広く分布し,プランクトン生活をする。被甲長180~570μmの卵円形で,やや軟らかい。表面は平滑かあるいは軽い点刻がある。背面の前縁には4個のとげが並んでいて,そのうち中央の2個が両側方のものよりも長い。腹面前縁には凹凸があってV字状の切れ込みがある。体の後端から突出する肢の先端に小さいつめをもっている。体の大きさや形態には非常に幅広い変異が見られる。近縁種のシオミズツボワムシB.plicatilisイラスト)は2亜種よりなり,被甲の背面前縁に6本のとげがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のツボワムシ(壺輪虫)の言及

【ワムシ(輪虫)】より

…食物には植物性プランクトン,ミジンコ,繊毛虫類などがあり,種類によって食べるものがだいたいきまっている。 池や沼ではツボワムシBrachionus calyciflorus,ツキガタワムシLecane lunaミズワムシEpiphanes senta,カメノコウワムシKeratella cochlearisなどがふつうに見られる。ワムシは稚魚や稚エビなどの餌として好適で,そのため各養殖場ではシオミズツボワムシB.plicatilis(イラスト)を培養してこれらに与えている。…

【ワムシ(輪虫)】より

…食物には植物性プランクトン,ミジンコ,繊毛虫類などがあり,種類によって食べるものがだいたいきまっている。 池や沼ではツボワムシBrachionus calyciflorus,ツキガタワムシLecane lunaミズワムシEpiphanes senta,カメノコウワムシKeratella cochlearisなどがふつうに見られる。ワムシは稚魚や稚エビなどの餌として好適で,そのため各養殖場ではシオミズツボワムシB.plicatilis(イラスト)を培養してこれらに与えている。…

※「ツボワムシ(壺輪虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツボワムシ(壺輪虫)の関連キーワード赤虫袋形動物輪虫類岩虫鱗虫埋葬虫輪形輪形動物輪虫ホシカムシ類

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone