コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツムギヤスデ(績馬陸) ツムギヤスデ

1件 の用語解説(ツムギヤスデ(績馬陸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツムギヤスデ【ツムギヤスデ(績馬陸)】

倍脚綱(ヤスデ綱)ツムギヤスデ目Nematophoraに属する節足動物の総称。頭部にやや長い触角があり,数十個の個眼の集まった眼が両側にある。胴節は26以上で各背板の横にはこぶ状のひさしが突き出し,そこに3本の大剛毛があるため,外見は毛だらけのような感じがする。尾端に1~3対の紡績腺(出糸腺)があるのでこの名がある。ヤスデ類の中では体が柔らかく,歩行はかなり敏速。産卵は紡績腺から分泌した細かな繊維で巣をつくり,その中に卵を数十個まとめて産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツムギヤスデ(績馬陸)の関連キーワード紬織倍脚類雁木鑢手紬馬陸安手汽車馬陸久米島紬紡ぎ歌ヤンバルトサカヤスデ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone