コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツムギヤスデ(績馬陸) ツムギヤスデ

1件 の用語解説(ツムギヤスデ(績馬陸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツムギヤスデ【ツムギヤスデ(績馬陸)】

倍脚綱(ヤスデ綱)ツムギヤスデ目Nematophoraに属する節足動物の総称。頭部にやや長い触角があり,数十個の個眼の集まった眼が両側にある。胴節は26以上で各背板の横にはこぶ状のひさしが突き出し,そこに3本の大剛毛があるため,外見は毛だらけのような感じがする。尾端に1~3対の紡績腺(出糸腺)があるのでこの名がある。ヤスデ類の中では体が柔らかく,歩行はかなり敏速。産卵は紡績腺から分泌した細かな繊維で巣をつくり,その中に卵を数十個まとめて産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ツムギヤスデ(績馬陸)の関連キーワード豪州の電力事業スレンドロ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone