ツメバケイ(爪羽鶏)(読み)ツメバケイ(英語表記)hoatzin

翻訳|hoatzin

世界大百科事典 第2版の解説

ツメバケイ【ツメバケイ(爪羽鶏) hoatzin】

ホトトギス目ツメバケイ科Opisthocomidaeの。1科1種。ツメバケイは多くの点で奇妙な鳥として知られている。全長は約60cm,長い冠羽のある頭は小さく,くびが細い。は大きく,は幅が広く長い。雌雄の羽色は同じで,体の上面は褐色の地に白い縞模様があり,下面は赤黄色である。分布は南アメリカ北部で,アマゾン川オリノコ川の流域沿いのマングローブ林などに5~10つがいくらいの群れで生息する。この鳥は,本来食物を蓄えるべき嗉囊(そのう)がとくに肥大して大きく,その壁が厚くなっており,食物は嗉囊ですりつぶされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android