コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツユムシ(露虫) ツユムシ Phaneroptera falcata

1件 の用語解説(ツユムシ(露虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツユムシ【ツユムシ(露虫) Phaneroptera falcata】

直翅目キリギリス科の昆虫。深緑色の色彩をした,中型細長の昆虫で,草原の草上にすむ。雄は午後から夜にかけてジ,ジ,ジ,ジィ,ジィ,ジィとよく鳴くが,鳴声はあまり目だたない。ユーラシア大陸に広く分布し,日本全国に見られる。体長15~18mm。前翅の長さ20~22mm,後肢腿節の長さ18~22mm,産卵管の長さ約6mm。頭部は小さく,複眼も大きくない。前胸背板も頭部の大きさに合わせて小型。細長の前翅は緑色であるが,翅脈間の小室は黒いので,全体的には深緑色に見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツユムシ(露虫)の関連キーワード直翅類馬追虫螽蟖草螽蟖轡虫首切螽蟖露虫藪螽蟖ころぎす笹螽蟖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone