コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリガネタケ(釣鐘茸) ツリガネタケFomes fomentarius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリガネタケ(釣鐘茸)
ツリガネタケ
Fomes fomentarius

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。ナラなど種々の広葉樹の幹に生える。傘は多年生で硬くなり,柄がなく,何層かが積重ねられたようになり,ちょうど釣鐘を縦に割った形をしている。横の直径 3.5~15cm,高さ6~20cm。表面は灰色あるいは帯褐灰色。横に環紋があるがなめらかである。下面に孔口が密にあり,無色の胞子を出す。材の白腐れを起す。日本全土,ヨーロッパ北アメリカシベリアインド,中国に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android