コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリガネツツジ(釣鐘躑躅) ツリガネツツジMenziesia multiflora var.bicolor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリガネツツジ(釣鐘躑躅)
ツリガネツツジ
Menziesia multiflora var.bicolor

ツツジ科の落葉低木。静岡県・石川県以西の本州と四国の低山地に生育する。茎は高さ1~2m,よく分枝して葉を互生するが,しばしば枝先に輪状に集めてつける。葉は短い柄があり,楕円形ないし倒卵形で長さ 2.5~5cm,両面脈上および縁に長い毛をもつ。5月頃,枝先に釣鐘形の淡黄色の花を5~7個つける。花筒は長さ約 1.5cm,先は5浅裂し,紫色の斑点をもつ。花筒内には,10本のおしべと長い花柱をもった子房があり,子房には花柄とともに腺毛が生える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android