コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリガネニンジン(釣鐘人参) ツリガネニンジンAdenophora triphylla var. japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリガネニンジン(釣鐘人参)
ツリガネニンジン
Adenophora triphylla var. japonica

キキョウ科の多年草。日本列島のほぼ全域と南千島,サハリンに分布する。各地の山野に普通にみられる。根は白色で肥厚し,茎は高さ 40~100cmに達する。形態に変化の多い植物で,根生葉は円心形であるが,茎葉は長楕円形,卵形,線状披針形などいろいろあり,鋸歯の形にも変化が多く,また葉序も通常は3~4枚の輪生が多いが,互生対生など株により非常に変異に富む。秋,円錐花序を頂生し,淡い青紫色で長さ 2cmほどの鐘形の花を下向きにつける。地方によってはトトキと呼び,古くから若葉を食用にし,また根を干して薬用にした。なお,本種の母種はサイヨウシャジンと呼ばれ南九州から南西諸島を経て台湾や華南にまで分布している。花冠は壺形で先がすぼみ,長さ 1cm弱である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツリガネニンジン【ツリガネニンジン(釣鐘人参) Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC.ssp.aperticampanulata Kitam.】

キキョウ科の多年草(イラスト)。日当りのよい草地に生える。夏から秋にかけて青紫色の釣鐘形の花が数個ずつ数段にわたって下向きに咲く。太い根や根茎は薬用植物のチョウセンニンジンにたとえられた。地方によってはトトキとよばれ,若芽や根は食用とされる。〈山でうまいはオクラにトトキ,里でうまいはウリ,ナスビ〉という俚謡がある。茎は高さ40~50cm,ふつう直立するが,北海道には茎がはうハイツリガネニンジンがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ツリガネニンジン(釣鐘人参)の関連キーワードイワシャジン(岩沙参)キキョウ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android