ツリガネムシ(釣鐘虫)(読み)ツリガネムシ

世界大百科事典 第2版の解説

ツリガネムシ【ツリガネムシ(釣鐘虫)】

繊毛虫亜門全毛綱ツリガネムシ科の原生動物の総称,またはそのうちの1種を指す。大部分の種類は池沼や小溝などの木,石,ウキクサの根などに着生しているが,海産のものもある。ツリガネムシVorticella nebuliferaは池沼などにすみ,他物に多数個体が付着したときには灰白色の塊になる。体は長さ100~200μmの逆釣鐘形で,その下端から体長の4~5倍の長さの柄を生じて他物に付着する。体の前端には繊毛が環状に並んでいて餌をとる働きをする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android