コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリフネソウ

百科事典マイペディアの解説

ツリフネソウ

北海道〜九州,東アジアの低山地の谷間湿地にはえるツリフネソウ科一年草。全体に多汁で柔らかい。茎は太く,高さ40〜80cm,よく分枝し,節に赤みがある。葉は狭い菱(ひし)形,縁には鋸歯(きょし)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツリフネソウ
つりふねそう / 釣船草
[学]Impatiens textori Miq.

ツリフネソウ科の一年草。茎は多汁質で軟弱、毛はなく高さ約80センチメートル、よく分枝し、柄とともに紅色を帯び、節が膨らむ。葉は有柄で互生し、菱状(りょうじょう)卵形または狭菱形で長さ5~15センチメートル。先端はとがり、基部はくさび形、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)があり、側脈が多い。7~9月、茎の上部の葉腋(ようえき)から腺毛(せんもう)のある紅褐色の花柄を出し、紅色で紫斑(しはん)のある径3センチメートルの花を開く。花弁は5枚、両側のものは2裂する。萼片(がくへん)は3枚、下方の1枚は大形で距(きょ)があり、花弁と同じ色になる。距の後端はぜんまい状に内に巻く。(さくか)は紡錘状で長さ2センチメートル、先端はとがり、熟すと5片にはじけて3、4粒の種子を飛ばす。山野の湿気の多い所に群生し、日本全土、および朝鮮半島、中国東北部に分布する。名は、柄から垂れ下がる花の形が船をつり下げたようにみえることからついた。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツリフネソウの関連キーワードニューギニア・インパチエンスツリフネソウ(釣舟草)ツリフネソウ(釣船草)ホウセンカ(鳳仙花)ベニスズメ(昆虫)アフリカホウセンカインパチエンスアフリカ鳳仙花キツリフネホウセンカ爪根花黄釣船黄釣舟釣船草美人草鳳仙花吊船草鳳仙爪根爪紅

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツリフネソウの関連情報