コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルギキョウ(蔓桔梗) ツルギキョウ Campanumoea maximowiczii Honda

1件 の用語解説(ツルギキョウ(蔓桔梗)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツルギキョウ【ツルギキョウ(蔓桔梗) Campanumoea maximowiczii Honda】

キキョウ科の多年草イラスト)。日当りのよい路傍の草むらや林縁に生え,茎はつる状にのびる。花冠と子房が合着し,果実は裂開せず液果を結ぶ点などがキキョウ科の中でも特異である。関東地方以西,四国,九州および台湾に広く分布しているが,比較的少ない。根は白く,多肉質。葉は対生または互生し,心形ないし卵心形で長さ3~5cm,粉白色をおびる。花は葉腋(ようえき)に単生し,ぶら下がって咲く。花冠は広鐘形,紅紫色,径1.5cm程度,5中裂し,下半部は子房と合着し,離生部分は長さ1cmほどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のツルギキョウ(蔓桔梗)の言及

【ニチニチソウ(日々草)】より

…花ことばは〈楽しい思い出と揺るぎない献身〉。 ツルニチニチソウV.major L.(英名large periwinkle)(イラスト)はツルギキョウとも呼ばれ,南ヨーロッパ,北アフリカ原産の多年草で,株際から四方に長さ1~2mのつるがのび,卵円形の葉をつける。この茎は節からほとんど発根しないでのびる。…

※「ツルギキョウ(蔓桔梗)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツルギキョウ(蔓桔梗)の関連キーワード岩桔梗桔梗沢桔梗蕎麦菜谷桔梗雛桔梗八代草四手沙参蔓桔梗日当り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone