コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルコケモモ(蔓苔桃) ツルコケモモOxycoccus quadripetalus; small cranberry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルコケモモ(蔓苔桃)
ツルコケモモ
Oxycoccus quadripetalus; small cranberry

ツツジ科の小低木で,北半球の寒帯から亜寒帯,高山湿原などに広く分布する。日本では本州中部以北と北海道の高山の湿原にミズゴケなどとともに生える。茎は針金状で細く,横にはい長さ 20cm内外,まばらに分枝する。葉は互生し,長さ3~4cm,幅 5mmほどの線形で縁は内側にめくれ,革質常緑表面光沢がある。7~8月頃,茎頂に淡紅色の小さい花を開く。花冠は長さ7~10mmで,深く4裂し外側にそり返る。果実は径 1cmほどの球形の液果で,赤く熟し表面に光沢があり,甘ずっぱみがあって生食するほか,ジャムの原料にもなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツルコケモモ(蔓苔桃)の関連キーワードベリー類ツツジ科

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android