コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルス・ホスチリウス(英語表記)Tullus Hostilius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルス・ホスチリウス
Tullus Hostilius

古代ローマ第3代の王 (伝説によれば在位前 673~640) 。ロムルス (→ロムルスとレムス ) の分身としてつくりだされた人物ともいわれたが,おそらく実在の王であろう。好戦的な王でウェイーアルバ・ロンガなどの隣接都市を攻略し,ローマの領土拡大に貢献した。軍隊を組織し,市民の数をも倍増させた。アルバ・ロンガ王をローマ元老院に迎え入れるなど,単なる軍人王にとどまらぬ政策をとった。初期の元老院議場は彼によってつくられクリア・ホスチリアといった。戦闘中に姿を消したとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android