コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルス・ホスチリウス Tullus Hostilius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルス・ホスチリウス
Tullus Hostilius

古代ローマ第3代の王 (伝説によれば在位前 673~640) 。ロムルス (→ロムルスとレムス ) の分身としてつくりだされた人物ともいわれたが,おそらく実在の王であろう。好戦的な王でウェイーアルバ・ロンガなどの隣接都市を攻略し,ローマの領土拡大に貢献した。軍隊を組織し,市民の数をも倍増させた。アルバ・ロンガ王をローマ元老院に迎え入れるなど,単なる軍人王にとどまらぬ政策をとった。初期の元老院議場は彼によってつくられクリア・ホスチリアといった。戦闘中に姿を消したとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツルス・ホスチリウスの関連キーワードローマ七王レムス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android