コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルナ(蔓菜) ツルナTetragonia tetragonoides; New Zealand spinach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルナ(蔓菜)
ツルナ
Tetragonia tetragonoides; New Zealand spinach

ツルナ科の多年草。東南アジアをはじめラテンアメリカ,オセアニアなどの熱帯から暖温帯に広い分布をもつ。北海道西南部から本州,四国,九州の海浜の砂地に生える。地方によっては食用に栽培することもある。ハマヂシャハマナともいう。全体が多肉質で,茎は地上をはい分枝し,長さ 30cmほどになる。葉は長さ4~6cmの卵状三角形で互生し,表面は多少ざらつく。夏から秋にかけて,葉腋に小さな花を1,2個ずつ開く。黄色い3~5枚の萼片があり,花弁はない。花後に角張ってとげのある実をつける。新芽や若葉を食用にし,また全草を開花期にとって干し,薬用にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android