コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルニンジン(蔓人参) ツルニンジンCodonopsis lanceolata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルニンジン(蔓人参)
ツルニンジン
Codonopsis lanceolata

キキョウ科の多年草で,アジア東部の温帯に広く分布し,日本各地の山野に自生する。茎はつるになって他物に巻きつき,切ると白い汁を出す。分枝した枝は短く,普通その先端付近に3~4枚の葉を接してつける。この葉は長さ4~10cmの楕円形で質が薄く,下面は白粉を帯びる。8~10月頃,枝先に径2~3cmの太く短い鐘形の花をつける。外面は白緑色で内面には紫褐色の斑点がある。花後,蒴果を結ぶ。名は根がチョウセンニンジンのように太いことによる。また同属の近縁種バアソブに比べて花が大きいことからジイソブの名もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツルニンジン【ツルニンジン(蔓人参) Codonopsis lanceolata (Sieb.et Zucc.) Trautv.】

キキョウ科の白色の乳液を有する多年草(イラスト)。根がチョウセンニンジンに似ていて,茎がつるになるのでこの名があり,チョウセンニンジンの代用に使われたこともある。バアソブに対し,ジイソブともよばれる。ソブとはそばかすのことで,花冠内面の斑点をたとえたものである。日本全国をはじめ,東アジアに広く分布している。葉は楕円形で長さ3~10cm,裏面は白色をおび,枝先に4個ずつ固まってつく。花は葉間から1個ずつ生じ,ぶら下がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android