コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツンイー(遵義)市 ツンイーZunyi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツンイー(遵義)〔市〕
ツンイー
Zunyi

中国西南地方,クイチョウ (貴州) 省北部の市。ツンイー地区の行政中心地。ターロウシャン (大婁山) 山脈の南斜面,ウー (烏) 江の支流シヤン (湘) 江沿いの盆地にある。早くから北方のロウシャン (婁山) 関を越えてスーチョワン (四川) 盆地へ出る交通上の要地で,チョワンチエン (川黔) 鉄道が通る。工業化が著しく,化学,リン酸肥料農機具,電機,半導体,人造綿,絹織物,アルミニウム成型などの工場がある。長征の途中 1935年1月に遵義会議が開かれた地として名高く,市内に会議の記念館と記念公園が設けられている。付近で産する菜種,タバコ,カラムシ,さく蚕糸などの集散地でもある。人口 43万 5155 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツンイー(遵義)市の関連キーワードロウシャン(婁山)関

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android