コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツンベリー管 ツンベリーかんThunberg's tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツンベリー管
ツンベリーかん
Thunberg's tube

脱気条件下で酵素反応などを測定するための,副室つき気密型試験管。 20世紀初頭の生理学者 T.ツンベリー (ツンベルグ) にちなんで呼ばれる。AとBに反応基質と酵素などの成分を分けて入れ,Cから脱気,グリースを塗ったすり合せ部Dの回転で外部と遮断し,倒立させてAとBの内容を混ぜると反応が始る。脱水素酵素の実験で,メチレン青を水素受容体とした場合などによく用いられた。水素で還元されて無色となったメチレン青は,空気中では再び自動酸化されてしまうが,酸素のないときには無色のままにとどまるので,反応速度が測定できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツンベリー管の関連キーワード脱気

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android