コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツンベルク管 ツンベルクカン

2件 の用語解説(ツンベルク管の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ツンベルク‐かん〔‐クワン〕【ツンベルク管】

T=ツンベルクが考案した、空気のない状態で酵素反応を行わせるためのガラス製の密閉試験管。酵素を入れた主室に、基質を入れた側室をはめ込み、ポンプで真空にしてから、両者を混ぜ合わせて反応させる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ツンベルクかん【ツンベルク管】

脱水素酵素などの酵素反応を無気状態で調べるために用いるガラス製密閉試験管。ツンベルクが考案。ポンプで排気してから管を傾け、副室の酵素液と主室の基質溶液とを混合、反応させる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone