コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツーレーヌ Touraine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツーレーヌ
Touraine

フランス中西部の旧地方名。現在のアンドルエロアール県にほぼ合致する。中心都市ツール。聖マルタンが司教であった4世紀以来宗教上の威信が高く,カロリング朝ルネサンスでは修道士 F.アルクイヌスを得て学芸の中心となった。 13世紀に王領となり,バロア朝ではしばしば王族の知行地とされ,百年戦争末期にはシャルル7世の最も重要な根拠地でもあった。 15~16世紀にフランス王が居住。アンボアーズ,シュノンソーなど,フランス・ルネサンス後期の建築様式を代表する多くの宮殿,いわゆるロアールの城が残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツーレーヌの関連キーワードロアールエシェール県メーヌエロアール県フィリップ2世アルジャンソンビエンヌ県アンドル県ランクロロシュ城エストレ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android