コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツー・ウエイ・クォーテーション(Two-way Quotation)

1件 の用語解説(ツー・ウエイ・クォーテーション(Two-way Quotation)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

ツー・ウエイ・クォーテーション(Two-way Quotation)

ビッドとオファーの両建てで建値すること。直物相場は、ビッドレート(買いレート)と、オファー・レート(売りレート)の両方、例えば、1ドル=110.10-15のように建値される。この場合、110円10銭がビッド・レート(bid rate)、110円15銭がオファー・レート(offered rate)。建値を提示した銀行から見て、「1ドルを110円10銭なら買います。1ドルを110円15銭なら売ります。」という意味。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツー・ウエイ・クォーテーション(Two-way Quotation)の関連キーワードカウンターオファースプレッドソファーベッドチョイステンダーオファー両建ヘッドファーストアイザーウェイノーオファー(ビッド)丘サーファー

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone