テアテイラ(英語表記)Thyateira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テアテイラ
Thyateira

小アジア西部,リュディア地方の古代の町。現トルコのアクヒサル。リュディア人が建設してペロピアといったらしい。前 290年頃セレウコス朝シリアの王セレウコス1世マケドニアの兵士を植民させ,ユダヤ人も住まわせ,テアテイラと改名した。のちペルガモン王国を経て,さらにローマ支配下では交通の要衝にあたり,商工業都市として発達した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android