コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティグラン[2世] Tigran II

世界大百科事典 第2版の解説

ティグラン[2世]【Tigran II】

前140ころ‐前56
カフカス・アルメニア王国のアルタシェス朝最盛期の王。在位,前95‐前56年。〈大王〉と呼ばれる。アルメニアを統一し,イベリア(現在のグルジア東部),カフカス・アルバニア,アトラパテネ等の王を従えた。セレウコス朝シリアを併合(前83)したので,領土はカスピ海から地中海まで広がった。ワン湖南西に新首都ティグラノケルトを建設した。隣国ポントスとは,通婚同盟を採って友好に努めたが,前69年ローマ軍の急襲を受けて敗れ,家臣となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のティグラン[2世]の言及

【アルメニア】より

…アケメネス朝とそれに続くヘレニズム時代には,オロンテス(エルバンド)朝(前401‐前200),アルタシェス(アルタクス)朝(前190‐前1世紀,〈大アルメニア王国〉とも呼ぶ)が興った。アルタシェス朝はティグラン(ティグラネス)大王(在位,前95‐前55)の治世下に最盛期を迎え,領土は黒海,カスピ海,地中海に達した。王は,広大な領土の中央に新都ティグラノケルト(トルコ南西部)を置いた。…

※「ティグラン[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ティグラン[2世]の関連キーワードマツコ・デラックスウエルター級簡易裁判所スーパーライト級池田あやこ東洲斎写楽赤ちゃんの世話高血圧症蔵の華F層

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android