コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティッタ・ローザ Titta Rosa, Giovanni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティッタ・ローザ
Titta Rosa, Giovanni

[生]1891. サンタマリアデルポンテ
[没]1972. ミラノ
イタリアの詩人,小説家,ジャーナリスト。『ラチェルバ』誌に詩を発表して文名をあげた。 1925~35年,『フィエーラ・レッテラーリア』紙の編集長をつとめたが,ファシズム政権下で執筆を禁止された。第2次世界大戦後は『ヌオーバ・アントロジーア』などの主要文芸誌の編集に加わった。主著『休止』 Le pause (1913) ,『壁の隙間』 Il varco nel muro (31) ,『孤独な声』 La voce solitaria (65) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ティッタ・ローザの関連キーワードバーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)ワイルドマッキム・ミード&ホワイトイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク内閣総理大臣ゴーギャン自由新聞マルティ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android