コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティッタ・ローザ Titta Rosa, Giovanni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティッタ・ローザ
Titta Rosa, Giovanni

[生]1891. サンタマリアデルポンテ
[没]1972. ミラノ
イタリアの詩人,小説家,ジャーナリスト。『ラチェルバ』誌に詩を発表して文名をあげた。 1925~35年,『フィエーラ・レッテラーリア』紙の編集長をつとめたが,ファシズム政権下で執筆を禁止された。第2次世界大戦後は『ヌオーバ・アントロジーア』などの主要文芸誌の編集に加わった。主著『休止』 Le pause (1913) ,『壁の隙間』 Il varco nel muro (31) ,『孤独な声』 La voce solitaria (65) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ティッタ・ローザの関連キーワードバーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)マッキム・ミード&ホワイトワイルドイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク内閣総理大臣ゴンチャロフサバチエテストビード

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android