コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティノ・ディ・カマイーノ Tino di Camaino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティノ・ディ・カマイーノ
Tino di Camaino

[生]1285. シエナ
[没]1337. ナポリ
イタリアの彫刻家。おそらく G.ピサーノのもとで修業。作品は 1315年ピサ大聖堂の『ヘンリー7世の』,21~22年フィレンツェ大聖堂の『司教 A.オルソの墓』。これは死者を石棺上に坐像として表現した最初の作例。次いで『オーストリア王妃カタリナの墓』 (1323頃,サン・ロレンツォ・マジョーレ聖堂) ,『ハンガリー王妃マリアの墓』 (25,サンタ・マリア・ドンナ・レジーナ聖堂) ,『カラブリア王シャルルの墓』 (32~33,サン・キアーラ聖堂) などを制作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ティノ・ディ・カマイーノの関連キーワード武藤景泰少弐景資安達泰盛ホノリウス4世乾峰士曇イタリア美術尊良親王エドワード3世トガ・テムル朝百年戦争

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android