コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティリチ・ミール[山] Tirich Mir

世界大百科事典 第2版の解説

ティリチ・ミール[山]【Tirich Mir】

パキスタン北端部,アフガニスタンとの国境近くにあるヒンドゥークシュ山脈の最高峰。山頂は同山脈から南に派出する支尾根上にあり,主峰7708(7706,7700)mと東峰7699mの双耳峰からなる。カーブル川に流れ込むクナール川の上流チトラール川の西岸部に,独立峰としてそびえ,同山の南麓でチトラール川は大きく南に方向を転ずる。山名は〈横に切る山〉を意味し,チトラールの町から見ると,山はバルム氷河を抱いて谷を東西に横断するように立ちはだかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ティリチ・ミール[山]の関連キーワードヒンドゥークシ[山脈]

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android