コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティリライト tirilite

岩石学辞典の解説

ティリライト

塩基性のラパキヴィ岩ラパキヴィ輝緑岩の混成岩で,暗緑色で花崗閃緑岩の組成で,ヴィボルグ地方の古いラパキヴィ岩の中にパッチ状に産出する.岩石はアンデシン,マイクロクリン─ペルト石,角閃石,黒雲母,輝石などで構成される[Wahl : 1925].フィンランド南部,ウィボルグ(Wiborg)地方のシモラ(Simola)に産出する.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android