コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティーデマン Tiedemann, Dietrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティーデマン
Tiedemann, Dietrich

[生]1748.4.3. ブレーメルフェルデ
[没]1803.5.24. マルボール
ドイツの哲学者。 1776年カッセル,86年マールブルクの各大学教授。ライプニッツの形而上学とロックの認識論の立場に立ち,カントに反対した。幼児心理学の創始者としても知られる。主著『子供の精神能力の発達』 Beobachtungen über die Entwicklung der Seelenfähigkeiten bei Kindern (1787) ,『タレスからバークリーまでの思弁哲学の精神』 Geist der spekulativen Philosophie von Thales bis Berkeley (6巻,91~97) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ティーデマンの関連キーワード児童心理学佐藤 通次

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android