コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドシウス3世 テオドシウスさんせいTheodosius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドシウス3世
テオドシウスさんせい
Theodosius III

ビザンチン皇帝 (在位 715~717) 。徴税官の出身。テマ・オプシキオンの強い要請で,みずからの意志に反して,アナスタシウス2世に対する反対皇帝として擁立された。約半年の内乱後,ギリシアに帰化したゴート族の援助を得て,前帝アナスタシウス2世を廃して即位。対アラブ人にそなえ,首都コンスタンチノープルの防備に追われた。 717年3月テマ・アナトリコンの司令官レオ (のちのレオ3世) によって退位を迫られ,エフェソスにおもむき修道士となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テオドシウス3世の関連キーワードレオン(3世)レオ[3世]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android