コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドリック廟(読み)テオドリックビョウ

デジタル大辞泉の解説

テオドリック‐びょう〔‐ベウ〕【テオドリック廟】

Mausoleum of Theodoric》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市ラベンナにある霊廟。6世紀に東ゴート王国のテオドリック大王により自身の霊廟として建造された。直径11メートルの円形のドームはイストリア産の一枚岩でつくられ、内部の中央に石棺が安置されている。1996年、「ラベンナの初期キリスト教建築群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android