コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドレトス[キュロスの] Theodōrētos

1件 の用語解説(テオドレトス[キュロスの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テオドレトス[キュロスの]【Theodōrētos】

393ころ‐466
シリアキュロスKyrrhosの主教,ギリシア人教父。隠修士として研鑽を積むがネストリウスと友人になり,アンティオキア学派の一員としてキリスト両性論を主張して異端論争に巻き込まれた。アレクサンドリアキュリロスを批判して,盗賊教会会議(449)では単性論者のために退けられたがのち復権された。書簡・著書が多く現存し,《教会史》は4~5世紀の貴重な史料であり,そのほか禁欲者の伝記,キリスト教・異教比較論などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のテオドレトス[キュロスの]の言及

【三章問題】より

…〈三章Tria Kephalaia〉(英語ではThree Chapters)とは,6世紀の単性論派論争においてネストリウス的異端の疑いをかけられた3人の神学者の人物と著作を指す。すなわちモプスエスティアのテオドロスの人と著作,テオドレトスがアレクサンドリアのキュリロスに反駁した著作,エデッサの主教イバスIbas(在位435‐457)がペルシアの一主教マリスMarisにあてた書簡である。これはユスティニアヌス帝の勅令(543‐544)およびコンスタンティノープルの第5回公会議(553)で異端とされたが,現在では一方的な断罪であったと考えられている。…

※「テオドレトス[キュロスの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テオドレトス[キュロスの]の関連キーワードアイスキュロスキュロットサテュロスキュロス二世キュロットスカートサンキュロットマーキュロゼピュロストリンキュロルーミーキュロット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone