コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドレトス[キュロスの] Theodōrētos

世界大百科事典 第2版の解説

テオドレトス[キュロスの]【Theodōrētos】

393ころ‐466
シリアのキュロスKyrrhosの主教,ギリシア人教父。隠修士として研鑽を積むがネストリウスと友人になり,アンティオキア学派の一員としてキリスト両性論を主張して異端論争に巻き込まれた。アレクサンドリアキュリロスを批判して,盗賊教会会議(449)では単性論者のために退けられたがのち復権された。書簡・著書が多く現存し,《教会史》は4~5世紀の貴重な史料であり,そのほか禁欲者の伝記,キリスト教・異教比較論などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテオドレトス[キュロスの]の言及

【三章問題】より

…〈三章Tria Kephalaia〉(英語ではThree Chapters)とは,6世紀の単性論派論争においてネストリウス的異端の疑いをかけられた3人の神学者の人物と著作を指す。すなわちモプスエスティアのテオドロスの人と著作,テオドレトスがアレクサンドリアのキュリロスに反駁した著作,エデッサの主教イバスIbas(在位435‐457)がペルシアの一主教マリスMarisにあてた書簡である。これはユスティニアヌス帝の勅令(543‐544)およびコンスタンティノープルの第5回公会議(553)で異端とされたが,現在では一方的な断罪であったと考えられている。…

※「テオドレトス[キュロスの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テオドレトス[キュロスの]の関連キーワード債権質はま寿司テオドレトス[キュロス]姚萇ウィルコム徳山ダム旧徳山村民の集団移転小説氷点徳山村大文字山

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android