コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオロギア・ゲルマニカ Theologia Germanica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオロギア・ゲルマニカ
Theologia Germanica

14世紀後期のキリスト教神秘思想の著作。著者名は知られていないが,チュートン騎士修道会に属する一司祭がフランクフルトアムマイン近くのザクセンハウゼンで書いたと推定されている。ドイツのドミニコ会神秘思想家 M.エックハルト,J.タウラーらの系譜をひくもので,神と融合する道として,心の貧しさ,神へのまったき委託を強調する。ルターの信仰のみによる義認説に影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android