コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テガタチドリ(手形千鳥) テガタチドリGymnadenia conopsea

1件 の用語解説(テガタチドリ(手形千鳥)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テガタチドリ(手形千鳥)
テガタチドリ
Gymnadenia conopsea

ラン科の多年草北半球温帯の亜高山帯に広い分布をもち,日本でも各地の高山で普通にみられる。地下の根茎が多肉で掌状の形をしているところからテガタチドリの名がある。花は淡い紅紫色で多数が密につき,花序全体は 30cmにも達して美しい。葉は幅が狭く,先がとがる。全体にハクサンチドリに似ているがハクサンチドリのように大きな包葉が目立たない。また花被片も丸みを帯びていて,後者のように先がとがらない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone