コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テキリスゲ(手切菅) テキリスゲCarex kiotensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テキリスゲ(手切菅)
テキリスゲ
Carex kiotensis

カヤツリグサ科の多年草。日本全土に分布し,叢生して大きな株をつくり,山の湿った斜面などに生える。や葉は硬くざらつく。花は5~6月,長さ3~10cmもの細長い小穂が5~7個垂れ下がる。葉で手をよく切るのでこの和名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テキリスゲ(手切菅)の関連キーワードカヤツリグサ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android