コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テキリスゲ(手切菅) テキリスゲCarex kiotensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テキリスゲ(手切菅)
テキリスゲ
Carex kiotensis

カヤツリグサ科の多年草。日本全土に分布し,叢生して大きな株をつくり,山の湿った斜面などに生える。や葉は硬くざらつく。花は5~6月,長さ3~10cmもの細長い小穂が5~7個垂れ下がる。葉で手をよく切るのでこの和名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テキリスゲ(手切菅)の関連キーワードカヤツリグサ科

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android