コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テグアルリョン(大関嶺)峠 テグアルリョンとうげTaegwan-ryǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テグアルリョン(大関嶺)峠
テグアルリョンとうげ
Taegwan-ryǒn

韓国,カンウォン (江原) 道の東部,カンヌン (江陵) 市の西方にあるテベク (太白) 山脈中の峠。標高 865m。東側は急斜面海岸平野へ低下し,オシプ (五十) 川が峡谷を刻むが,西側は傾斜がゆるやかな高原状である。ハン (漢) 江流域と東海岸を結ぶ交通路として古くから重要で,現在はヨンドン (嶺東) 高速道路が通っている。気温の変化が激しく,付近では高冷地農業が行われる。牧場やスキー場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テグアルリョン(大関嶺)峠の関連キーワードカンヌン(江陵)市テベク(太白)山脈

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android