コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テザーボール テザーボールtether ball

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テザーボール
tether ball

アメリカで考案された球技。直径4~6mの円の中央に,高さ2~3mのポールを立て,ポールの先に 1.5~2mのロープでつるしたボールを付ける。ポールには地上 1.5mのところにマークが付けてある。このポールを挟んで2人が向き合い,1人がボールを打つと相手側はボールがポールに巻き付かないように反対方向に打ち返す。ポールのマークより上にボールを巻き付けたほうが勝ちとなる。マークより下に巻き付いたとき,手や腕以外でプレーしたとき,ロープに触れたとき,円から出たときは,サーブを交替する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android