コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テスココ[湖] Lago de Texcoco

世界大百科事典 第2版の解説

テスココ[湖]【Lago de Texcoco】

メキシコ中部の連邦区とメキシコ州にわたる湖。標高2237m。アステカ帝国のころには広い湖面をもち,その西部にアステカの首都テノチティトランがあったが,メキシコ市の建設後,市内が冠水する危険があったので,17世紀より排水工事が行われ,1900年には排水路とテキスアク・トンネルが完成し,湖は縮小した。現在では,大部分が塩分の多い砂漠地であるが,雨季の終りには湖は拡大する。【田嶋 久】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android