コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テッシン(大) テッシン[だい]Tessin, Nicodemus, the Elder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テッシン(大)
テッシン[だい]
Tessin, Nicodemus, the Elder

[生]1615.12.7. ポメラニア,シュトラルズント
[没]1681.5.24. ストックホルム
スウェーデンのバロック建築家。「大テッシン」と呼ばれる。ストックホルムで建築家として活動し,1646年王室建築家となり,51~52年にヨーロッパ各国に遊学,カルマルの大聖堂 (1660起工) ,ストックホルム近郊のドロットニングホルム宮殿 (62起工) ,エーテボリ市庁舎 (70起工) ,ストックホルムのリッダルホルム聖堂付属の霊廟 (71設計) を建てた。 61年以来ストックホルム市の主任建築家でもあり,74年に貴族に列せられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テッシン(大)の関連キーワードドロットニングホルム劇場

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android