コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テッシン(大) テッシンだい Tessin, Nicodemus, the Elder

1件 の用語解説(テッシン(大)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テッシン(大)
テッシンだい
Tessin, Nicodemus, the Elder

[生]1615.12.7. ポメラニアシュトラルズント
[没]1681.5.24. ストックホルム
スウェーデンバロック建築家。「大テッシン」と呼ばれる。ストックホルムで建築家として活動し,1646年王室建築家となり,51~52年にヨーロッパ各国に遊学,カルマルの大聖堂 (1660起工) ,ストックホルム近郊のドロットニングホルム宮殿 (62起工) ,エーテボリ市庁舎 (70起工) ,ストックホルムのリッダルホルム聖堂付属の霊廟 (71設計) を建てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テッシン(大)の関連キーワードポメラニアポメラニアン犬種しめらにメラノソームさわやかポメロサワーポメロポメランチュク効果ポメラニアン[種]ポメランチュク冷却

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone