コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テッシン(小) テッシン[しょう]Tessin, Nicodemus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テッシン(小)
テッシン[しょう]
Tessin, Nicodemus

[生]1654.5.23. ニチェーピング
[没]1728.4.10. ストックホルム
スウェーデンのバロック建築家。「小テッシン」と呼ばれる。 N.テッシンの子。 1673~83年の間,ヨーロッパ各地で修業,イタリアではベルニーニに学んだ。帰国後,父の跡を継いで王室建築家となり,ドロットニングホルム宮殿を完成,次いで大作ストックホルム王宮 (1690頃設計,97~1704) を建造。貴族,議員となり,大学総長,宮内庁長官を歴任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テッシン(小)の関連キーワードドロットニングホルム劇場

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android