テトラヒドロホウ酸塩(テトラヒドロ硼酸塩)(読み)テトラヒドロほうさんえん(英語表記)tetrahydroborate

世界大百科事典 第2版の解説

テトラヒドロほうさんえん【テトラヒドロホウ酸塩(テトラヒドロ硼酸塩) tetrahydroborate】

MI[BH4],MII[BH4]2,MIII[BH4]3,MIV[BH4]4で表される化合物の総称。式中のMI,MII,MIII,MIVはそれぞれ1価,2価,3価,4価の陽イオンを示す。1940年シュレージンガーSchlesingerにより合成され,以後合成,反応,構造について多くの研究がなされているが,現在でも未解決の事項が多い。MIアルカリ金属の場合はイオン結晶で,リチウム塩は斜方晶系,その他はすべて塩化ナトリウム型の面心立方格子である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android