コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テナガエビ(手長蝦) テナガエビMacrobrachium nipponense

世界大百科事典 第2版の解説

テナガエビ【テナガエビ(手長蝦) Macrobrachium nipponense】

雄の第2胸脚が著しく長い甲殻綱テナガエビ科の淡水エビで,産業的に重要である(イラスト)。体長9cmほどに達し,比較的低地河川湖沼にすむ。どちらかといえば流れの緩やかな砂泥質の場所を好む。体はやや透明感のある緑褐色。額角はほとんど水平に突出し,上縁に10~17本,下縁には前半部に3~5本のとげがある。第1,2胸脚がはさみをもつが,の第2胸脚は体長の1.5倍に達する。雌は体がずんぐりしていて,第2胸脚は細く,短い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android