コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テニアン島の戦い

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

テニアン島の戦い

南北16キロ、東西8キロの島は、第2次大戦時は日本の委任統治領で、日本海軍は飛行場を建設した。1940年には約1万5千人の日本人が暮らし、サトウキビ産業などで栄えた。44年7月24日、米軍が島の北端から上陸。約10日間の戦闘中、投降を拒み、がけから身を投げるなどした民間人も多かった。日本との距離は約2400キロで、終戦直前には米軍のB29爆撃機の出撃拠点となった。

(2007-08-14 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

テニアン島の戦いの関連キーワードサンホセ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android