コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テパネカ王国 てぱねかおうこく Tepanec Empire

1件 の用語解説(テパネカ王国の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

テパネカ王国

約700年前、15世紀に、南米メキシコ盆地に栄えた王国のこと。現在のメキシコシティ北西部のアスカポツァルコ行政区に首都が置かれ、豊かで有力な都市国家だったとされているが、後にアステカ帝国に滅ぼされた。テパネカ王国の考古学的研究はほとんど進んでいない。理由として、アステカがテパネカに関する記述を歴史から抹消したため、との説がある。また、テパネカの都市の大半がメキシコシティの地下に埋まっており、発掘調査が困難でもある。2012年8月、アスカポツァルコ行政区よりテパネカ王国の遺跡が発見され、子ども11人を含む17人分の人骨や陶器、祭壇、儀式用の品々などが出土し、研究の進展が期待されている。

(2012-08-2)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テパネカ王国の関連キーワードメキシコ湾流メキシコ地震アメリカメキシコ戦争ニューメキシコメキシコ銀トゥーラ遺跡メキシカン風雲のメキシコメキシコ・セットメキシコ[市]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone