コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テベレ Tevere

大辞林 第三版の解説

テベレ【Tevere】

イタリア中部にある河川。アペニン山脈に源を発し、南流して地中海に注ぐ。下流にローマがある。長さ406キロメートル。チベル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

テベレの関連キーワードセルギウス・パウルスホラチウス・コクレスカンプス・マルチウスオスティアアンティカアンクス・マルキウスクロアカ・マクシマビラファルネジーナアウェンチヌス丘サンタンジェロ橋ウンブリア[州]バチカン[市国]マクセンティウスマクセンチウスサンセポルクロタブラ・ヘバナティベリーナ島ローマ[古代]ローマ(都市)アペニン山脈ローマ[市]

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テベレの関連情報